中学受験を考えるのであれば、小学3年生や小学4年生から学習塾に通わせた方がいいです。
実際、この頃から入塾する子どもの数が増えていきます。
もうすでに本人も保護者も目的が明確であり、中学受験を目標に、納得して学習塾に通うのであれば、通うことに対しての抵抗は少ないのでいいですが、 まだ、学習意欲のない子どもに学習習慣をつける、それも学習塾のメリットでもあります。
学校の授業だけでは、先生によっては理解しがたいこともあり、塾だと講師に分からないことを聞けば、ひとりひとりに丁寧に理解するまで教えてくれ、 それぞれの子どもに合ったペースで教えてくれます。
一人では学習できないことも教えてもらえます。
苦手分野を自分で何とかして得意分野にするなんてことは、大人でも一人ではなかなかできないです。
勉強が分からなくなると、学校へ行くのが嫌になったりします。
塾の選び方では、生徒数を増やしたいため、とりあえず保護者と適当に話を合わせて入塾させようとする教室長には注意が必要でしょう。
中学受験を目指して、小学生のうちに苦手科目を徹底的につぶしたい、得意科目を伸ばしたいなど塾に通う目的を明確にしてくれるような教室長の いる塾を選ぶことです。
学習塾を選ぶときは得意科目や苦手科目に強い講師がいるかチェックしましょう。
(⇒中学受験)のサイトで知ることができます。
子供に合った教科に力を入れている塾を選ぶことで成績アップを目指すことができます。